日本有数のイカの塩辛の産地、気仙沼の「昔ながら」の塩辛。
長期熟成ならではの深い味わいが自慢の逸品です。

 フカヒレとともに全国有数の生産量を誇る「イカの塩辛」。気仙沼では原料となるイカの豊富な水揚げに加え、発酵食品作りに適した気候風土と熟練職人の技術によって、伝統の味が継承されてきました。被災により生産中止を余儀なくされた時期もありましたが、新設工場の再開によって地元はもとより、全国の塩辛ファン待望の味が復活しました。「昔ながらの濃厚熟成塩辛」は一夜干しで旨味を熟成させた国産真イカのみを使用して、獲れたてを船上で急速冷凍。鮮度の良いイカの腑(内臓)に身を漬け込んでから30~45日。手間ひま惜しまず熟成させることで、素材の旨味を活かした重みある塩辛を作りつづけています。

日本酒のお供に熟成塩辛を。「和製アンチョビ」として
パスタやバーニャカウダにも。

 長期熟成された「昔ながらの濃厚熟成塩辛」は、どっしりとした重みのある濃厚な味わいで、日本酒の酒肴として間違いありません。でもそれだけでは勿体ない。日本の発酵食品である塩辛は、いわば「和製アンチョビ」。熟成された深い味わいが隠し味となって、パスタ・ピザ・炒飯・焼きそばなど、子どもから大人まで幅広く好まれるメニューに多彩に展開できます。保存料・着色料も無添加。気仙沼自慢の塩辛を、暮らしの中でもっと手軽にお楽しみください。
昔ながらの濃厚熟成塩辛
  • 昔ながらの濃厚熟成塩辛
  • 昔ながらの濃厚熟成塩辛
昔ながらの濃厚熟成塩辛
【内容量】
 130g
【賞味期限】
 約2か月

※保存料・着色料無添加
価格:
700
(税込
756円)
数量:
カゴに入れる